狭山事件第3次再審請求 要請ハガキ&署名用紙 ダウンロードページ


 当面する狭山第3次再審での勝利に向けた闘いの最重要課題は事実調べの実施です。

 真実を明らかにするためには、現場検証をはじめ、証人や鑑定人への尋問などの事実調べを行なうことが絶対に必要です。

 事実調べが行なわれた再審裁判は必ず再審開始決定が出され、逆に行なわれなかった裁判は例外なく請求を棄却されており、この事実をしっかりと受け止めた取り組みと闘いが重要です。

 数々の新証拠によって、確定有罪判決が崩壊状態にあることを踏まえ、鑑定人・証人尋問・現場検証などの具体的な事実調べを行なわせられるかどうか、ということが再審開始の鍵を握っています。

 大野勝則裁判長への要請ハガキ&署名運動に取り組み、皆さんの声で、事実調べ・再審開始の決断を迫っていきましょう。


東京高裁第4刑事部・大野勝則 裁判長に対して
事実調べ実施・再審開始を強く求める
要請ハガキ&署名運動を大きく展開しよう!


狭山要請ハガキ01 狭山要請ハガキ02 狭山要請ハガキ03 狭山要請ハガキ04 狭山要請ハガキ05 万年筆はニセ物 A4チラシ























































要請ハガキひな形1(PDF)


要請ハガキひな形2(PDF)


要請ハガキひな形3(PDF)


要請ハガキひな形4(PDF)


要請ハガキひな形5(PDF)


万年筆はニセ物 A4チラシ


狭山第3次再審要求署名用紙

pagetop